楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

【FinalCutProX】ダウンロードしたフォントを追加する方法

ダウンロードしたテキストを追加する方法

FinalCutProXにダウンロードしたフォントを入れたい場面があると思います。

そんな方に向けて、フォントのダウンロード方法(Googole Fonts)とダウンロードしたフォントの追加方法について紹介していきます。

ダウンロードしたテキストを追加する方法

テキストのダウンロード

まずはフォントのダウンロードを大まかに紹介します。

僕はよくGoogleFontsを利用しています。種類もたくさんあるので、結婚式のフォントなどにも利用しています。(日本語のフォントは少ないので不便ですが…)

 

GoogleFontsのフォントをダウンロード

GoogleFontsとは完全無料で使えるWebフォントで、商用利用も無料で使用できます。

GoogleFontsからは800以上のフリーフォントが紹介されています。

 

GoogleFonts

GoogleFonts

まずはこのサイトに入って好みのフォントを選んでください。

 

GoogleFonts 画面

フォントを選択したら右上の【+SELECT THIS FONT】をクリック

そうするとフォントの選択画面やダウンロードボタンが出てきます。(画面の下部分に黒枠で出ている場合もあります)

 

フォントをダウンロード

このような画面が出てくるので、右上にあるダウンロードボタンを押してください。

ダウンロードしたフォントはFinderのダウンロード項目に追加されます。

 

ダウンロードしたフォントの追加方法

ここからはダウンロードしたフォントを準備してある前提で紹介していきます。

FontBookを開く

まずはMac内にあるFontBookのアプリがあるので開いてください。(基本使用しないアプリなので分かりにくいかも)

 

これがFontBookになります。このロゴを探して開いてください。

 

FontBookではフォントの追加や削除、テキストを確認をすることができます。

割と初期状態でもたくさんのフォントが入っているので、ここから好みのフォントを探すのもあり。

僕はFinalCutProXでテキスト確認するとフォントの読み込みに時間がかかるので、FontBookでテキストを決めてから動画に挿入しています。

 

ダウンロードしたファイルをFontBookに移動

ダウンロードしたテキストをFontBookに移動

ダウンロードしたテキストはFinderのダウンロード項目に出ます。

そのファイルを先ほどのFontBookアプリ内にドラッグして移動させてください。

 

FinalCutProXのテキストに追加される

自動的にFinalCutProXのテキストに追加されます。

※FinalCutProXを開いたままにしてた場合は、閉じてもう一度開いてください。

 

FinalCutProXには最初からたくさんのフォントが備えられていて便利ですが、数も限られているので自分で好みのフォントをダウンロードして使ってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)