楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

【富士フィルム】5万円で買える単焦点レンズ4選!

FUJIFILM 安い単焦点

この記事では【5万円で買えるFUJIFILMの単焦点レンズ】を紹介していきます。

カメラレンズはやはり高くてなかなか手を出せない人やカメラを始めたての初心者はなかなかレンズに手がでませんよね。

レンズの中でもかなり安くて性能もいいものがあります。

 

5万円以下で売っている単焦点レンズを参考になれば幸いです。

こんな人におすすめ

・単焦点レンズとはなにか知りたい

・富士フィルムの単焦点は何があるのか知りたい

・富士フィルムの社外製単焦点レンズを知りたい

 

単焦点とは?

単焦点は文字通り焦点距離が1つになっていて、ズームしたりすることができないレンズです。

焦点距離が変えれないのですが、ズームレンズでは出せない表現がすることができます。

単焦点レンズの特徴としてはこの通り。

  • ボケやすい
  • 軽くて持ち運びが楽
  • お手頃な価格が多い
  • ズームはできない

それぞれ解説していきます。

単焦点はボケやすい

一般的にはズームレンズより単焦点レンズの方がf値が開放のものが多く、背景がぼやけやすい写真になります。

スマホなどでは再現できない写真が撮れるのでとても綺麗な写真になります。そして撮影の視野が広くなってきます。

軽くて持ち運びが楽

単焦点レンズには少ないレンズで構成されているため、小さく軽いレンズです。

旅行などでのスナップでも持ち歩きに疲れにくくなっています。

風景やポートレートなど撮る被写体が決まっている場合は、単焦点1本に絞って撮影するのもおすすめです。

 

お手頃な価格が多い

単焦点はズームレンズよりはお手頃な価格に設定されてることが多い。

お手頃な価格のため、2本3本買っていろんなレンズを試しながら楽しめられます!

そして不要になった場合は高く売れるので、他のレンズに買い替えたりすることもできます。

 

画角を合わすためには移動しなければならない

単焦点の唯一のデメリットですが、画角を変えることができません。

色んな撮影目的があるのならズームレンズのほうが良い。

逆に風景やポートレートなど撮影目的が定まってる場合は単焦点がおすすめ。

単焦点のほうが解像度も良く、綺麗な写真を撮ることができます!

 

純正レンズ FUJIFILMレンズのおすすめ

XF16mmF2.8 R WR

XF16mmF2.8 R WRは、

  • 35mm判換算で24mmの焦点距離

のレンズです。

 

FUJIFILMの中ではXF14mmが1番広角のレンズですが、その次の16mmのレンズになります。

開放感のある写真にしたい場合はこのレンズをお勧めします。

 

そしてこのレンズはとても広角ですが、5万円を切ると言う驚きの価格です。

このレンズは、

  • スマホでも再現できない広い画角

として撮影を楽しませてくれます。

f2.8とそこまで明るくはないのですが、星空撮影などには十分使えます。

こんな人におすすめ

・ボケにこだわりがない

・広角で開放感のある写真を撮りたい

XF23mmF2 R W

XF23mmF2 R Wは、

  • 35mm判換算で35mmの焦点距離

のレンズです。

肉眼の価格より少し広角に写ります。

f値も2ととても明るく、ボケを活かせられます。

このレンズは星空撮影ももちろん、夜景など夜間撮影なども比較的簡単になってきます。

こんな人におすすめ

・そこまで広角ではなくてもいい

・夜間にも使える明るいレンズがいい

XF35mmF2 R WR

XF35mmF2 R WRは、

  • 35mm判換算で53mmの焦点距離

のレンズです。

50mmは人間の肉眼とほぼ同じ画角になります。

 

人間の視野と同じような画角で写真撮影することができます。

広角や望遠に比べると立体感など目立った印象がありませんが、ボケやアングルなどで写真がうまく見えたりします。

こんな人におすすめ

・どれを選んだら良いのか迷っている

・カメラの初心者

XF50mmF2 R WR

XF50mmF2 R WR

  • 35mm判換算で76mmの焦点距離

のレンズです。中望遠くらいの距離になります。

 

ボケを活かしにくい広角に比べ、

  • 望遠はボケを出しやすい

レンズになります。

立体感を表現するのには望遠レンズがおすすめで、ポートレートや建物などの立体感を出したい場合にはおすすめ。

そしてこのレンズは、望遠でありながらも軽いレンズになっています。

こんな人におすすめ

・風景に立体感を出したい

・物を大きく撮りたい

・ポートレート撮影がしたい

まとめ

今回紹介したのはこのレンズです。

  • XF16mmF2.8 R WR
  • XF23mmF2 R W
  • XF35mmF2 R WR
  • XF50mmF2 R WR

これまでに紹介してきた4つのレンズですが、焦点距離も大きく変わってきます。

ポートレート撮影・旅行・風景写真・星空撮影など、撮影したい被写体からレンズを決めると失敗も少ないとおもいます。

もし迷った場合は、人間とほぼ同じ画角である35mmを購入することをおすすめします。

 

レンズ選びに参考になれば幸いです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)