【iPhone】スローモーションの撮影方法は?戻し方や普通の速度にする方法を解説!

この記事では、

・iPhoneでのスローモーションの撮影方法

・普通の速度にする方法

・スローモーションの調整方法

について解説していきます。

 

iPhone スローの撮り方と調整方法

iPhoneでスローモーションを撮る方法

まずはiPhoneの[カメラ]アプリを開いてください。

そうするとこの画面がまず出てきます。

動画では、

・ビデオ

・スロー

・タイムラプス

を撮ることができます。

この画像のように、スローにすることでスローモーションとして撮影が可能になります。

撮影が終了したらアルバムを開いて再生することになります。

スローモーションの調整方法

ここからはスローモーションの調整方法を紹介していきます。

・一部分だけをスローにしたい

・すべてスローにしたい

・すべて普通の速度にしたい

こういった場合に調整することが可能になります。

そして普通の速度にも調整することが可能です。

iPhone 通常速度とスロー

画像のように、iPhoneでのスローモーションを撮影しても基本的には、

一部分(真ん中あたり)がスローモーション

といった形で再生されます。

最初と最後の方は通常の速度で、真ん中あたりの一部分のみスローモーションとして保存されます。

すべてをスローや通常速度に変更する場合は編集をする必要があります。

 

スピードを調整する編集方法

iPhone スロー 編集

手順①画面右上の編集をクリック

速度調整

手順②速度の目盛りを調整する

このような手順で編集に移ることができます。

これを参考に通常速度とスローの位置を決めて調整します。

 

そして編集のやり方としては、

スロー 調整

このように通常速度とスローの境目には長めの棒で区切られています。

この棒を動かして通常速度とスローにしたい部分に移動してください。

速度調整部分を長押しすると微調整が可能

動画自体が長い場合は先ほど紹介した調整方法では微調整がしにくいと思います。

速度 長押しで微調整

そういった場合には、速度部分を長押しすることで、微調整ができるようになります。

もし微調整をしたい場合には試してみてください。

スローモーションにする方法

先ほどの手順まで実行していただき、次は速度の目盛りを移動するだけで動画の全てをスローにしたり、スローの位置を調整することができます。

やり方としてはこのようなやり方になります。

棒を両端の方に広げることで全てがスローになるので、スローにしたい場合はこのようにして調整してください。

普通の速度に戻す方法

速度の目盛りを調整して普通の速度にすることができます。

やり方としてはこのようになります。

通常速度にしたい場合はどちらかの棒を端っこまでに引っ張ってください。

左の棒なら右端っこまで、右の棒なら左の端っこまで引っ張ることで通常速度に戻すことが可能です。

 

そして編集が終了したら画面右下のチェックマークをクリックして編集完了させてください。

このようにして速度調整をすることが可能なのでぜひ試してみてください。

AppleiPhone記事
よかったらシェアしてください
Roman-blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました