楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

動画編集で稼ぐ5つの方法は?Youtube以外の方法も紹介!

動画編集で稼ぐ方法

この記事では動画編集で稼ぐ方法を紹介しています。

 

・動画編集はどんな稼ぎ方があるのか知りたい人

・動画編集で仕事をしていこうと思っている人

 

こんな人に向けた記事になっています。

 

動画編集で稼ぐ方法

動画編集で稼ぐ5つの方法

動画編集需要は今後も増えていく

5G時代に突入したら動画読み込みの遅延がほぼなくなり、動画の読み込みも早くなるので今後も動画編集の需要が増えていくことが見込まれています。

5Gとは

第5世代移動通信システムのことであり、通信速度が早くなり読み込みの遅延もほぼなくなると言われている

 

Youtube

youtube

YouTubeの動画編集者は今後も必要となってくる

いまどきの若者はテレビよりYouTube派の人が多いのではないでしょうか?

実はYouTubeのほとんどが動画編集をしています。

 

そして、今は誰でもYouTuberになれるので、今後も動画も動画編集も需要が増えていきます。

YouTuberが増えていくだけ、動画編集者も必要としてくるので、本業として働きたい場合はオススメ。

 

編集内容はYouTuberによってバラバラ

・納期・単価・動画の長さ・編集内容

これらがYouTuberさんによってさまざまなので、単価が安すぎないか納期も自分の生活に合っているかの見極めが必要になってきます。

 

YouTube動画編集は長期間働く人にオススメ

長期間動画編集として働くつもりの人はYouTubeの動画編集として働くのをオススメ。

 

有名なYouTuberほどYouTubeで稼いでいくつもりだと思われます。

有名なYouTuberが辞めない限り動画編集者として長期間専属することが可能です。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは?

ネットを通じて仕事を発注・受注するサービス

 

 

クラウドソーシングで有名なサイトだと【クラウドワークス】【ランサーズ】があります。クラウドワークスはYahooとも提携している日本でも大規模のクラウドソーシングサイトです。そしてランサーズでも多くの案件があります。

 

クラウドソーシングには様々な案件が転がっています。Web制作やイラスト、そして記事作成までなんでも案件が揃っています。

 

ここでも動画編集の案件が出てたりしているので応募して仕事を取ってくる方法もあります。

実績がないと仕事を任せてもらえないので、実績を積む必要が出てきます。

 

その実績をポートフォリオで公開したり、YouTubeで限定公開したりして、依頼主の判断で決まります。

 

1つの案件だけを時間ある時にやりたいな。という人にはクラウドソーシングをオススメ。

 

受注側は在宅でも作業できるので、特に主婦や在宅ワーカーに人気です。

 

ココナラ

 

ココナラ

ココナラとは

自分の得意な分野(経験・知識・スキル)を売るサービス

 

ココナラでは自分のスキルを売るサービスで、動画編集以外にも恋愛相談やイラスト作成などいろんなジャンルがあります。是非登録して見てみてください。

 

自分のスキルを書いて仕事を募集

ココナラで自分のスキルで仕事募集してみてください。

しかし、これもクラウドソーシングと同様、実績から判断されてお願いされることが多いでしょう。

こちらも実績を積む必要があります。

 

例えば結婚式のムービーを何回も作ったことがある場合は、そのムービーを実績として動画編集の仕事を募集してもいいと思います。

ある程度アニメーションや全体構成が決まってる場合はそれを募集内容に載せて依頼されるの待つのもあり。

 

他の人が募集している内容をチェックしてみたりしてください。

 

 

SNS

 

SNSで稼ぐ方法があります。

SNSにはTwitter、Instagram、Facebookなどがあります。

 

そこでプロフィールに動画編集の募集を自己紹介文に書いたり、募集のツイートにハッシュタグもつけて声がかかるの待つ方法です。

 

実績を発信する必要がある

これもクラウドソーシングやココナラと同様、ツイートで動画関連のツイートや編集した動画を発信して実績を知ってもらう必要があります。

 

お金のやり取りに注意

しかしSNSではお金のやり取りが無事に終わるような保証がないので、前払いや支払い方法についてきちんと話し合いをする必要があります。

 

企業からの依頼であれば支払いはしてくれるとは思いますが、個人の場合はその問題には注意が必要ですね。

 

友人の結婚式

友人の結婚式などで使うオープニングムービーやプロフィールムービーなどの依頼を受ける方法があります。

 

自分から言うのはちょっと変かもしれませんが、以前から友人などを通して動画編集や写真などをしているとアピールする必要があります。

 

友人の中でも有名になれば依頼される

僕は昔から動画編集や写真撮影がとても好きで、結婚式の動画制作も6回ほど写真撮影もやっています。

 

割と地元の面で見ると動画編集できる人ってとても少ないんですよね。

動画編集できるよとアピールしていれば意外と依頼されるようになります。

 

【注意】お礼をくれない場合もある

そこで注意なのですが、「知り合い程度ならお礼もあげなくて良いだろう」という考えもたくさんいます。

お菓子でもよかったのにお礼すらない人もいるので注意してください。

 

特に仲良くない人には注意です。

相手から依頼された場合はお金を要求して依頼を受けると良いかもしれません。

業者に頼んだら3~5万くらい動画製作費かかりますからね。

 

まとめ

Youtubeの提案方法

Youtubeの場合、自分の好きなYouTuberが動画編集者募集をしていた場合は、DMでメッセージを送る前にやると良いことがあります。

それはそのYouTuberの出している動画と似たように動画をあえて事前に自分で作成して、提案する形です。

 

そうすることで、スキルが少なかったとしてもやる気がみられるので動画編集としての仕事を受けやすくなります。

スキルが少なくてもそのYouTuberから訂正を求められたら調べて訂正して、そこでスキルが自然とついてきます。

 

最低限のスキルさえあれば大丈夫でしょう。

 

結局どれも実績があった方が良い

YouTube以外にもクラウドソーシングやランサーズなど、他にも稼ぐ方法があります。

しかし、実績がない人には信頼できないので自分で作った動画でも良いので、実績を作っておいた方が依頼される確率はアップします。

 

このような感じで稼ぐ方法を紹介しましたが、本業でも副業でも動画編集として働いてみたい方はやってみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)