楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

【レビュー】富士フィルムXF16-55mmf2.8はボケもあり広角〜望遠をこなす万能レンズ

FUJIFILM 16-55mm f2.8

この記事ではFUJIFILMの最高峰シリーズでREDBADGE(レッドバッジ)のズームレンズが3つありますが、そのうちの1つのXF16-55mmf2.8のレンズについてレビュー記事を書いていきます!

僕はCanon 6DからFUJIFILM X-T2へ買い換えて、その時にキットレンズではなくXF16-55mmf2.8を購入しました。とても大当たりでした!とても万能なレンズで今でも愛用しています。

 

FUJIFILM 16-55mm f2.8

FUJIFILM REDBADGE(赤バッジ)とは?

FUJIFILMのレンズの中でも最高峰シリーズのズームレンズです。そしてレンズは4種類しかありません。超望遠であるXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR以外はf値が2.8で固定されています。

 

・XF8-16mmF2.8 R LM WR

・XF16-55mm F2.8 R LM WR

・XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

・XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR


この4つがFUJIFILMの中でも最高峰レンズとしてREDBARGE(赤バッジ)とも呼ばれます。

f値も開放感で100m-400m以外はf2.8固定なので、星空撮影や夜間撮影にも強いです。

 

XF16-55mmf2.8のスペック

メーカー 富士フィルム(FUJIFILM)
焦点距離 16-55mm(35mm判換算:24-84mm)
F値 2.8
重さ 655g
フィルターサイズ ø77mm
絞り形式 9枚絞り(円形絞り)

焦点距離や開放絞り

35mm換算で24-85mm相当で広角〜望遠まで色んな場面に対応することが出来ます。

そして全域でf値が2.8固定で、明るいレンズとなっています。

 

一般的なズームレンズはズームをするとF値が上がってボケにくくなっていきます。しかし、このレンズはズームしてもf2.8と固定なのでズームしても一定に明るいレンズとなっています。そしてボケも生かしやすいです。

 

そして、望遠の方がボケを出しやすいので、このレンズだとボカしたい場合など色んな場面で対応できるとても優れた万能レンズとなっています。

 

使ってみた感想

レンズ本体が重たい

FUJIFILM X-T2と16-55mmレンズ

 

画像見ての通り、とても重量感のあるレンズで持ち歩きには正直疲れます。

X-T2に16-55mmのレンズを装着しているのですが、かなり大きいことがわかります。X-T2だと大きさのバランスが合っていいですね。

 

僕は基本車で移動して気になるものがあったら撮影する感じなので、

重量感はあまり気にはならないです。

そして僕は遠距離(山や渓流)の徒歩になる場合は、

カメラ用のクッションのあるリュックに入れて移動しています。

 

レンズの付け替えの手間が要らなくなる

このレンズの場合、f値がf2.8固定なのでどの焦点距離でもf2.8で対応できます。

そして、広角〜望遠まで撮影できるので風景やポートレートまでレンズ1本で出来るのがとても魅力です。

 

結婚式などのイベントではレンズの付け替えが面倒になってきます。

このレンズが1本あれば広角で結婚式場の全体を撮ったり、望遠で新郎新婦を撮ったり様々な場面で活かせれます。

これでモテモテ間違いなし!(笑)

 

人間の肉眼とほぼ同じ視界になるレンズXF23m F2 R WRも持っておくと軽いので、持ち運んでも疲れないし便利なのでこれも1つ持っておくと良いです。

価格も割と安く手を出しやすいです。そしてボケもとても綺麗。

 

ボケがとても綺麗

f2.8だと少々ボケが物足りないような気がしますが、とても綺麗にボケます。

 

単焦点によくあるf1.8くらいまでになると滑らかなふんわりとしたボケが実現できますが、このレンズではちょっと難しいです。

背景がボカせればいいと言う人であればこのレンズでもボケを綺麗に実現できます。

 

くっきり映る高画質

16-55mm高画質

 

16-55mmどの焦点距離でもくっきり映る高画質で、いろんな場面でも対応できます。

単焦点だと移動して距離感やアングルを合わせなければいけないのですが、その必要もなくなります。

 

そして、55mmの望遠ではとても立体感のでる写真になります。

ポートレート撮影などにはとても向いています。

 

 

作品例

イタリアの建物

建物もくっきり映る

 

イタリアミラノの街中で撮った写真です。

16mmで撮影したので、広範囲で街の全体が撮れて街の様子が分かりますね。

 

星空撮影

星空撮影

 

この写真はは真冬の-2℃の中でのキャンプ中に撮ったものです。

とっても寒かったです。(笑)

真冬の星空はとても透き通ってて綺麗ですし、霧も程よい感じで出てくれます。

 

f2.8固定のレンズなので、星空撮影や夜間撮影にも向いています。

ズームレンズなので、構図など調整してすぐ撮影できるのでとても便利でした。

 

結婚式などのイベント

結婚式などのイベントに最適

 

結婚式でも遠くにみえる新郎新婦を撮ったり、広角で集合写真を撮ったりといろんな場面で良い写真が撮れます。

 

ここでカメラマンになれば後から写真をちょうだいと連絡先を交換できますね。

新しい恋人が欲しい人は是非カメラマンになってみてください!(笑)

こんな人にオススメ

・レンズの付け替えが面倒な人

・レンズ1つで使い回したい人

・単焦点くらいのボケをズームレンズで撮りたい人

・重さを気にしないから良いレンズを使いたい人

こんな人にはこのレンズをオススメ。

 

いろんな場面で焦点距離を変えながら撮影ができるので、あんまり移動しなくなります。そしてボケも十分活かせられるので、ポートレートなどにも向いています。

是非お試しください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)