楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

ハイネケンビールの味や感想は?日本人にも合うのでおすすめ!

Heineken(ハイネケン) 日本に合う

ハイネケンはどこの国で作られているのか

ハイネケン 味

ハイネケン(Heineken)は、

  • オランダのビール醸造会社

で、ブランド名としても扱われます。

ハイネケンは英語で「Heineken」と表示されます。

しかし、日本で販売されているハイネケンは海外からの輸入ではなく、

  • 合弁会社ハイネケン・キリンビール株式会社を通じて製造販売

されています。

つまり、生産は日本のキリンビールがしているのです。キリンビールががライセンスを取得して生産できるようになっているそうです。

POINT

・オランダ発祥のビール

・アルコールは5%

・1873年販売開始

・日本ではキリンビールが製造


緑色のボトルで有名

ハイネケン ラッパ飲み

ハイネケンは、

  • 赤の星マーク+緑のパッケージ

という定番のカラーになっています。

酒がよく売っているところでも目立つので、ハイネケンが売っているところも多いのではないでしょうか。

ぼくはこの配色がとても好みでハイネケンを買ってしまうと言ってもいいくらい好きです。

そしてこのハイネケンですがヨーロッパでは定番になっていて、どこの飲食店にも置いています。

どこに売っているの?

日本のコンビニにはあんまり置いていなく、

  • 酒の店やショッピングモール

などには置いてあることが多いです。

ありそうでなかなか見つからないとはおもいますが、ショッピングモールなど大きいところにいけばある程度はおいてあるとおもいます。

ネットも割と安いのでこちらもおすすめです。

ハイネケンの味は?

ハイネケン 味

ハイネケンのビールは、

  • とてもさっぱりとしていて、日本人にも合う味

になっています。

むしろ人気のアサヒスーパードライの辛口よりもこちらの方が好みという人が多いのではないか?とおもいます。

ほどよい苦味がビールらしさを残しており、全然飽きのこない味です。

ハイネケンはさっぱりとしているので、定番の枝豆といったあっさり系のおつまみにも抜群に合います。

ハイネケンの瓶と缶はどちらが安い?

ハイネケンには瓶と缶が販売されています。

  • 瓶は330ml
  • 缶は350ml

の容量になっています。

そして

  • 缶の方が安い

価格に設定されています。

店にもよって異なりますが、おそらく瓶なのでお金がかかるのでしょうね。

瓶でラッパ飲みがおすすめ

ぼくは、

  • 瓶でラッパ飲み

しています。

ラッパのみと言われると「ちょっと下品」といった印象が持たれるかもしれませんが、ぼくはワイルドを求めているので(笑)

ラッパ飲みだと、

  • 炭酸が抜けにくく、旨味が残りやすい

といった情報もありました。

気分のせいかもしれませんが、本当にそのような気がします。

 

以上についてまとめるとハイネケンは、

  • さっぱりしていて日本人にもとても合う
  • ほどよい苦味がビールらしさを残している
  • 赤の星マーク+緑のパッケージがかっこいい
  • 結構どこにでも売っている

こんなビールになっているので飲んだことがない人はぜひ飲んでみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)