楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

【レビュー】ユニフレームfan5DXのスペックや特徴と使ってみた感想

ユニフレームfan5DX レビュー

この記事では、ユニフレームのfan5DXのレビューを書いていきます。

いろんな料理器具が1つにまとまったクッカーセットを求め、ユニフレームのfan5DXを購入してみました!

ソロキャンプでも多人数でのキャンプでも調理がしやすく、荷物もかさばらないので愛用しています。しかしデメリットもありますのでそれも含めて説明していきたいと思います。

それでは書いていきます!

ユニフレームfan5DXのスペック

メーカー ユニフレーム(UNIFLAME)
名称 fan5 DX
全重量 約3kg
付属品 ライスクッカー・フライパン・鍋・片手鍋・メッシュバスケット
材質 アルミ:ライスクッカー・フライパン

ステンレス:鍋・片手鍋・メッシュバスケット

収納時サイズ 約23cm×20cm(高さ×幅)

fan5DXの付属品

ユニフレームfan5DX クッカーセット

付属品には、

・ライスクッカー

・大鍋

・片手鍋

・フライパン

・メッシュバスケット

が付属されています。

そしてこれらをまとめて入れる収納袋もあります。

とても便利ですね!

 

fan5DXの特徴

フライパンの取っ手は取り外し可能

フライパンの取っ手 取り外し可能

フライパンはこのように取っ手を取り外しすることが可能です。取っ手はネジになっているので、取り外しするときはフライパンに回しながら装着してください。

 

コンパクト収納にするためにフライパン取っ手を外して収納する形になっていますが、よく考えられてますね!

さすがユニフレームです。。。

フライパンと大鍋の蓋は同じ

大鍋の蓋

大鍋の方にぴったり合う蓋が実はフライパンにも使用できます。

フライパンにも使えるので目玉焼きなどで蒸し状態にしたり熱を加えたい時にこの蓋を使用します。使い回しが出来てムダがないので軽量にできています。

やはりこれだけでもストレスなく、気持ちよく収納できます。

焚き火や直火でも料理ができる

焚き火でも料理ができるクッカーセットです。

焚き火でも料理ができるので、いろんな場面でも活用ができます。そして鍋用フライパンも傷みにくい構造でできていて長い間使うことができます。

ライスクッカーは2〜5合まで可能

ライスクッカーは2〜5合まで炊くことができるので、多人数のファミリーキャンプでも十分にご飯を作られます。

1合は目盛りがないので感覚で作ることになりますが、不可能ではありません。

僕も炊いてみたのですが、普通に美味しく炊けられました。

 

そしてこのライスクッカーの一番いいと思ったのは、全然焦げないし炊くのもめっちゃくちゃ簡単!

ライスクッカーの炊き方

1.目盛りまで水を入れて

2.強火で蓋がパタパタ言ったら弱火にして

3.パタパタが消えて、湯気も目に見えなくなったら完成!

これだけで完成ですからね。めっちゃ簡単!

収納方法

fan5DXの収納

クッカーセットの収納方法は単純で、大きいものから順に重ねていくだけです。

大鍋→メッシュバスケット→ライスクッカー→片手鍋→フライパンの取っ手

そして片手鍋の蓋→飯盒の蓋→鍋の蓋(フライパンの蓋にもなる)→そしてフライパンを被せて綺麗に収納できます。

 

収納

そして最後は収納袋に入れて片付け終了。

使ってみた感想

ライスクッカーで炊くのはとても簡単

ユニフレームのライスクッカーは特に炊くのがとても簡単であんまり焦げないし美味しく炊けます。それにご飯も固まってくっつかないので洗うのも楽にできます。

他の飯盒とかだとやはり焦げてしまうことも多く、洗うのも大変です。

 

キャンプで炊きたてご飯を食べるのはおいしいので初心者をぜひ試してみて下さい。

ライスクッカー単品でも販売されているのでご参考に。

 

がっつり食べる場合は小さい場合も

やはりコンパクト収納できるクッカーセット(4〜5人分)として作られているのですが、大人で4人になると少なく感じました。

フライパンでも4人分の料理を作ることは厳しいので、料理によっては何回も作ることになります。

僕はチーズダッカルビをフライパン一杯にして大人4人で取りあって食べたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)