楽天カードのクレジットカードでポイントをお得に貯める

【富士フィルム】XF60mmF2.4 R Macroレビュー!メリット・デメリット・作例・まとめ【評判】

富士フィルム XF60mm f2.4

この記事では、

  • XF60mm F2.4 R macro

についてかいていきます。

マクロレンズが欲しくなり、純正から販売されている60mmの方のマクロレンズを購入しました!

意外にとても良かったので紹介していきます。

  • マクロレンズが欲しい
  • 60mmのスペックや特徴を知りたい

といった人に向けての記事です。

 

XF60mmF2.4 R Macro スペック

XF60mm f2.4 macro

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのスペックはこの通り。

XF60mmF2.4 R Macro スペック

・焦点距離:60mm(35mm判換算:91mm相当)

・質量:215g

・最大F値:2.4

・最小F値:22

・最短撮影距離:26.7cm

 

最短撮影距離が26.7cmと近く、マクロレンズとなっています。

 

富士フィルムの純正マクロレンズには2種類あります。

・ XF60mmF2.4 R Macro

・XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro

これよりF値が明るいもの・焦点距離が近いものを求める場合は社外製のレンズを買う必要があります。

 

マクロレンズとは

被写体を大きく撮りたいレンズのことで、近い距離でもピントが合うレンズ。

一般的なレンズで近い距離のものを撮ろうとしてもピントが合わないため、マクロレンズといったものを購入する必要があります。

60mmの中望遠

60mmf2.4 中望遠

XF60mmF2.4 R Macroは、

  • 焦点距離60mm(35mm判換算:91mm相当)

となっています。

焦点距離が50mmを超えてくると、

  • 立体感が増し、ポートレート撮影に最適

になっています。

もちろん建物を立体感のあるように表現することもできます。

望遠になっていくにつれ、画角の歪みが減り立体感が増してくれます。

 

最短撮影距離26.7cmのマクロレンズ

このレンズにはマクロで撮ることもでき、

  • 最短撮影距離26.7cmまで撮れる

ようになっています。

例えば花だったり、商品の小さな部分を近くで撮りたい場合に活躍してくれます。

一般的なレンズの場合、60cm〜70cm前後のものが多いです。近くのものを撮ろうとしてもピントが合いません。

 

 

 

60mmf2.4 macro 近いものを撮る

商品撮影でもこんな感じに近くに寄って撮ることができます。

最近流行りのネットショップで販売をしている方でもマクロレンズは特におすすめです。

F2.4なのにコンパクトサイズ

60mmf2.4 macro コンパクトサイズ

F値が明るいほどレンズも大きくなっていく傾向にありますが、

  • XF60mmF2.4 R Macroはとにかくコンパクト!

です。

56mmf1.2と比較しても一回り小さいサイズになっています。

ポートレート撮影で56mmf1.2を検討している方でもこの60mmf.2.4macroも候補にしてみてください。

 

16-55mmf2.8と60mmf2.4 サイズ比較

XF16-55mmF2.8 R LM WRとXF60mm F2.4 R macroを比較してみるとこんな感じ。

約1/3倍くらい小さくなっています。

 

XF23mmf2とXF60mmf2.4 macro

続いてはXF23mm F2 R WRとXF60mm F2.4 R macroを比較してみました。

手に持った感じではあんまり変化がないと感じました(幅がほぼ同じだから)。

質量も約35gの差しかありません。

215gと軽量

XF60mm F2.4 R macro 質量

マクロレンズ・中望遠でありながらも質量215gと軽量なのはとても良いと感じました。

メインはXF16-55mmF2.8 R LM WRで撮影をしていましたが、あまりにも軽いのでこちらに転向しようかなと・・・

 

他のレンズの質量を比較してみると、

・XF16-55mmF2.8 R LM WR→655g

・XF23mm F2 R WR→180g

・XF35mmF1.4 R →187g

・XF56mmF1.2 R→405g

・XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro→750g

といった感じ。

同じマクロレンズのXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは質量750gとなっていて、60mmの約3倍の重さになっています。

重すぎ・・・

そりゃ人間は楽な方選ぶよ。(笑)

 

いろんな口コミ・レビューを見てみるとマクロレンズとしての性能は、80mmが上みたいですね。AFも早いみたい。

 

滑らかなボケ

なめらかなボケ XF60mm F2.4 R macro

マクロ域で最短撮影距離付近で撮りました。

  • F2.4と明るく、
  • 滑らかで美しいボケ

を撮ることが出来ます。

これでお花だったり紅葉を撮ってもとても綺麗そうですね!作品例を見てもボケが美しいです。

XF60mm F2.4 R macroのデメリット

AFが遅い

XF60mm f2.4 AFが遅い

デメリットとして特に感じられたのが、

  • AF(オートフォーカス)が遅い

といったところ。

マクロ域で特にAFが遅く、たまにピントも合わせてくれないといったことがありました。

マクロ域でのAFにはあんまり期待しないほうがいいかもしれません。

しかし、標準域であればそれなりにAFを合わせてくれます。

XF60mm f2.4 AFが遅い

こんな感じで中から飛び出してきてピントを合わせるのですが、

  • 「ジー・・・ジッジッ」と、AFの動作音がうるさい

といったところがみられます。

こういった点ではXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroが性能が良さげみたいです。

しかしその反面、描写力・解像力は優れているのでポートレート撮影(たまにマクロ)といった感じで使うのがベストかも。

 

レンズフードが大きい

XF60mmf2.4 R macroレンズカバー

XF60mm F2.4 R macroのフードは、

  • レンズ本体とほぼ同じ長さ

になっています。

フードを装着したらレンズの2倍の長さ・・・になります。

でかすぎじゃね?(笑)

これはこれでカッコいいのですが、レンズカバーをつけにくかったりと不満もあります。

レンズカバーをつけにくい

XF60mmf2.4 レンズカバー 大きい

レンズフードが大きいことで、

  • レンズカバーの取り外しがやりにくい

と感じます。

女性ならまだいいかもしれませんが、男性は手が大きく取り外しにくいです。

 

フードをつけるとレンズの2倍の長さになる

XF60mmf2.4 レンズフード

ちょっと写真で伝わりにくいかもしれませんが、まじでフードが大きいです。

X-T4 XF60mmf2.4 装着

フードを取るとこんな感じになります。

こっちのほうがバランスが良い!

 

フードを外すとフレア・ゴーストといった光の影のようなものが出てきやすくなります。

そういったものを防ぎたい場合はフードを付ける必要があります。

 

XF60mm F2.4 R macroのメリット

215gと軽量

XF60mmf2.4 質量

XF60mm F2.4 R macroは

  • 質量215g

とめっちゃ軽いです。

軽いことで旅行先での持ち歩きが苦でありませんし、外でもポートレート撮影も長時間撮ることができます。

XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは750gとなっていて、かなり重いです。

軽いマクロレンズがほしいのであればこのXF60mm F2.4 R macro、もしくは社外製になります。

高い解像力

XF60mm f2.4 解像度

XF60mm F2.4 R macroの高い解像度に感動しました。

フジノンレンズでもレンズによってこんなに変わるのかと。

物撮りでも解像度が良いのでくっきりとシャープな写真を撮れます。

 

Xマウントレンズの中でもトップクラス

おそらくXF60mm F2.4 R macroはフジノンレンズの中でもトップクラスの解像度だとおもいます。

今までに使ってきたレンズ

・XF16-55mmF2.8 R LM WR

・XF23mm F2 R WR

・XF35mmF1.4 R

・XF56mmF1.2 R

の中でもかなり綺麗な描写力があります。

体感では、XF35mmF1.4 Rと同じくらいの解像度かなという感じ。

まとめ|メインはポートレートや風景写真、サブでマクロを撮る方におすすめ!

ポートレートや風景写真での描写力はフジノンレンズの中でもトップクラス。

 

たまにマクロを使用したい人にはおすすめのレンズです。商品撮影でマクロが活躍してくれます。

しかしマクロ域ではAF(オートフォーカス)が遅い。ここだけ妥協できればこのレンズはかなり優秀です。

 

といった感じで購入の参考になれば幸いです。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)